RADOXシリーズにNEWモデルPARADOX CQCが新たにラインナップ

釣りコラム
スポンサーリンク

 

近年、圧倒的な釣果で存在感を強めているビッグベイト等におけるデッドスローゲーム。       
しかし、流行ってはいるものの、専用タックルとなると選択肢が少ないのが現状です。       
琵琶湖ローカルテクニックである 「デッドスロー」 をより細分化し、より高みを目指すアングラーへスタジオコンポジットが提案するシリーズがCQCシリーズとなります。  

 

CQCシリーズ第一弾

PARADOX CQC 83 

■Length:8ft3inc ■Lure:Max2oz ■Line:Max22lb  

■Taper:Rファースト ■仕舞寸法:166cm 

■定価:63,000円 ■発売予定:3月

スポンサーリンク

       
2oz前後のビッグベイトを主体としたデッドスロー専用機。       
 「巻き続ける事」 を主体にロングレングスを活かし、レンジを刻む・感じる・獲るというコンセプトのもとに誕生しました。       
ビッグベイトロッドでは最柔クラスのチューブラーティップでバイトを絡めとり、長めのワン&ハーフで受けめる理想のロッドです。       
冬特有の強風対策、デッドスローで巻き続けると言うコンセプトの上、あえて重めのバランサーを採用。       

 

 PARADOXとFTBシリーズ共に全てワン&ハーフ構造の設計。       
これは、ティップセクションとバットセクションに異な るカーボンの弾性率を使用し、柔軟で繊細なティップ、そして強靭でリフト力の優れるバッドセクションを表現する為です。       
また、フロントとリアグリップにモノコックカーボン(中空構造)グリップを自社で制作、伸縮チューブでラミネート圧着して います。       
高剛性で高感度なカーボングリップは、水中の様子やルアーの動きを的確にアングラーに伝えてくれるでしょう。

 

※ 工場の生産数が1ヶ月50本程の為、注文数が予定生産数を超えた時点で締め切りとなりますので欲しい方はお早めにご予約入れて下さい。

 

Source: 石井館長のバス魂

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました